会議中

賃金だけじゃない派遣と正社員の格差!

パソコンを打つ男性

初めて仙台の派遣会社登録をしたのは10年前でした。登録するとすぐに派遣先が決まり、スタートまではとても順調でした。しかし、職種は希望した仙台の会社でも勝手が違うため始めはおろおろ。まったく新人です。とにかく仕事を覚えて…と、様々な事を周りのの正社員の方達に聞きました。でもあまり積極的に教えてはくれず、何度となく聞いてしまうと悪い雰囲気に。その後連絡事項が回ってこなかったり、仕事の段取りを伝えられなかったり。
私も腐らず自分の悪い点を改善しようと思いましたが、ある時私自身の問題ばかりではないことに気付きました。「どうせ短期の派遣社員なんだから教えるだけ無駄」また「希望して『派遣』されてきたんだからなんでもわかってるよね」さらに「正社員になれなかったんでしょ雑用でもさせておけば」という声を聞いたのでした。私のような扱いを受けた派遣社員は沢山いました。
正社員に比べて賃金が安い事は仕方がないけれど同じ仕事をしているんだから仕事の上では仲間。もちろん先輩後輩はあるし、大人同士の礼儀もあるけれど一緒にいい仕事が出来ると思っていた私にはかなりのショックでした。正規雇用が難しいためできた派遣制度。良い職場で輝いて働いている派遣社員さんも大勢いると思います。
でも、実際賃金や立場だけでなく…というかそこから区別や差別化が始まってしまっている会社もあります。今後働く職場内の意識の改善も行われて欲しいです。

TOP