会議中

派遣で働く場合のメリットとデメリット

レンガ造りのオフィス

派遣は雇用期間が決まっていて、更新時に再契約をするか、そこで契約を終了するかの選択ができます。これは常用を希望している人にとっては、次回の更新があるかないかわからないというデメリットにもなります。
希望する働き方には個人差がありますが、少なくとも期間雇用を希望している人にとっては、派遣で働く方がメリットは大きいかもしれません。正規雇用となると、徐々に責任の重い仕事を任されるようになります。逆に派遣の場合は非正規雇用ということもあり、長年勤務していても最終的には正規雇用の人の方に、仕事のウエイトが行くことになります。
給与や福利厚生などの点を見れば、正規雇用の方が賞与もありますし、昇給もあるのでメリットは大きいかもしれません。しかし、派遣で働く場合も派遣会社の制度を上手く活用すれば、ある程度の福利厚生が受けられる場合もあります。就職活動を行っても、希望の仕事に就けずに、とりあえず派遣の仕事に就く場合もあるかもしれません。
しかし、派遣とは言え、勤務する企業の仕事をしていくことに変わりはありません。どんな仕事でも得られるものはあるものです。次のステップに進むためにも、派遣での仕事もきちんと遂行していきたいものです。

TOP